# print<<""; 環境設定
# print<<"";

ホーム >
環境設定

[パスワード変更] [環境設定(一般)] [登録処理関係の設定]
[初期設定] [メニューバー/外部検索エンジン/ヘッダ・フッタスペースの設定]
[トップに戻る]

[トップに戻る]
    環境設定(一般)
    ※特に指定の無い場合は数値はすべて半角数字で記入してください
    ※設定項目名のリンクをクリックすると変更ボタンにジャンプします

  1. サーチエンジンのトップへのURL(http://から始まるアドレス)

  2. yomi.cgiのファイル名

  3. 検索用のCGIファイル名

  4. ランキング用のCGIファイル名

  5. 管理処理用のCGIファイル名

  6. 登録用のCGIファイル名

  7. 管理メニューを実行できるIPアドレス
    ※特に指定しない場合には記入しないでください
    ※指定した場合にはそれ以外のIPアドレス又はホスト名で管理室に入室することができなくなります
    ※IPアドレス又はホスト名の一部記入してください
    ※複数指定したい場合には半角カンマ( , )で区切ってください

  8. カテゴリ表\示
      CGIで表\示する | HTMLで表\示する

  9. サーチエンジンのトップページ
      CGIで表\示する | HTMLで表\示する

  10. 派生ファイル更新方法
      taskファイルで更新 | cronデーモンで更新

  11. crypt関数(パスワード暗号化のための命令)
    ※サーバの設定で使用不可の場合を除いては「使用する」を推奨します
    ※運用途中でこの設定を変更した場合には再度FTPで「cfg.cgi」を編集し直す必要があります
      使用する | 使用できない

  12. ユーザ(登録者)権限設定
    • ユーザのカテゴリ変更
        許可する | 許可しない
    • 審査登録システム
      ※仮登録モードにした場合には管理人が管理室から登録の可否を決定できます
        仮登録モードにしない | 仮登録モードにする

  13. カテゴリの1ページあたりの表\示数

  14. ログディレクトリ(フォルダ)のパス
    ※本体ログファイル等のログ関係のファイルを入れておくディレクトリです ※パーミッションは「707」又は「777」に設定

  15. テンプレートディレクトリのパス
    ※各種テンプレートデザインファイルを入れておくディレクトリです ※パーミッションは変更する必要はありません

  16. ロック用ディレクトリのパス
    ※各種テンプレートデザインファイルを入れておくディレクトリです ※パーミッションは「707」又は「777」に設定

  17. HTMLファイル用ディレクトリのパス
    ※各種HTMLファイルを入れておくディレクトリです
    ※パーミッションは「707」又は「777」に設定
    ※HTMLファイルが閲覧可能\なディレクトリに設定してください

  18. HTMLファイルディレクトリのURL
    ※HTMLファイルを入れておくディレクトリのURLです
    ※HTMLファイルが閲覧可能\なディレクトリに設定してください

  19. CGIファイルディレクトリのURL
    ※CGIファイル(yomi.cgi/search.cgi/rank.cgi/admin.cgi/regist_ys.cgi)を入れておくディレクトリのURLです

  20. 画像ファイルディレクトリのURL
    ※画像ファイル(new.gif/renew.gif等)を入れておくディレクトリのURLです
    ※画像ファイルが閲覧可能\なディレクトリに設定してください

  21. ロック方法
    ※ローカル環境(Windows環境等)で使用する場合には「ディレクトリロック」を選択してください
    ※「ディレクトリロック」で運用して特に不都合がなければそのままの設定で良いと思います
    ※このサーバでは$PR_mes_symlinkです
      ディレクトリロック | symlinkロック

  22. 異常ロック解除が行われた場合のバックアップ
    ※バックアップされたファイルはロック用ディレクトリに「9桁の数字.cgi」で保存されます
    ※この設定を「する」にしても異常ロック処理通知メールを送信しない設定(後述)
     にしている場合にはこの機能\は動作しません
      する | しない

  23. 本体ログファイル名
    ※サーバを移転する際などはこのファイルだけ移転させれば登録データは移行できます

  24. 仮登録用ログファイル名
    ※仮登録時に登録待ち状態のデータが保存されているファイルです

  25. このサーチエンジンの名称

  26. 管理人の名前

  27. 管理人のE-Mailアドレス

  28. 管理人のホームページのURL

  29. 新着・更新期間の日数

  30. 名称設定
    • 新着
    • 更新
    • おすすめ
    • 相互リンク
    • 携帯対応
    • 人気ランキング
    • 前回の人気ランキング
    • 累計人気ランキング
    • アクセスランキング
    • 前回のアクセスランキング
    • 累計アクセスランキング

  31. メールの設定
    • sendmailのパス
    • 管理人にメールを送信
        する | しない
    • 登録者にメールを送信
        する | しない
    • 新規登録完了メールを送信
        する | しない
    • 登録内容変更完了メールを送信
        する | しない
    • 仮登録完了メールを送信
        する | しない
    • パスワード変更メールを送信
        する | しない
    • 異常ロック処理通知メールを送信
        する | しない

  32. パスワード再発行
    ※パスワード変更メールを送信しない設定でこの設定を「する」にした場合にはWEB上でパスワードの通知が行われます
    ※上記の理由からパスワード変更メールを送信しない設定でこの設定を「する」にすることは推奨しません
      する | しない

  33. 紹介文の改行
      有効にする | 無効にする

  34. 標準のログ表\示順

  35. バックアップ作業・派生ファイル更新をしない時間帯
    ※アクセスが多い時の負荷軽減のための機能\です
    ※0〜23の数値で指定 (例) 23-3 なら23時から3時
    ※設定した時間帯は本体ログファイル以外のファイル更新処理は行われません
    ※指定しない場合は未記入

  36. 何日前までのバックアップを取るか
    ※この設定を大きくしすぎるとその分データの使用容量が大きくなりすぎてしまうので適度に設定してください
      日前までのバックアップを取る

  37. ジャンプ処理
    ※まず、ランダムジャンプ をクリックしてみてページが表\示できない場合には「メタタグを使う」にしてください
      Locationを使う | メタタグを使う

  38. キーワードランキングの設定
      「管理室」→「キーワードランキングの設定」から実行してください

  39. 人気ランキングの設定
      「管理室」→「人気ランキングの設定」から実行してください

  40. アクセスカウンタ
      使用しない | 使用する

  41. デバッグモード
    ※通常は「OFF」に設定しておいてください
      OFF | ON




[トップに戻る]
    登録処理関係の設定

  1. カテゴリ選択数
      個〜

  2. 二重URL登録
      [ 許可しない | 許可する ]

  3. 記入必須項目

  4. 文字数制限/バナーサイズ等の設定
    ※数値はすべて半角数字で記入してください


  5. 登録禁止ワードの設定
    ※複数指定する場合には半角スペース(空白)で区切ってください(例) 禁止ワード1 禁止ワード2 禁止ワード3
    ※このチェックは 名前/E-Mailアドレス/URL/バナーURL/タイトル/紹介文/キーワード / 登録者IPアドレス/ホスト名 に有効です

  6. 管理人のみが登録できるモード
    ONにされているときは、管理人以外は新規登録することができなくなりますので注意してください
    ※上記の状態の場合に管理人が登録する場合には「管理室」→「管理人による新規登録」から新規登録を行ってください
      ON | OFF

  7. 管理人のみが修正・削除できるモード
    ONにされているときは、管理人以外は修正・削除することができなくなりますので注意してください
      ON | OFF

  8. バナーURLの登録項目
    表\示するにされているときは、新規登録・内容変更ページにバナーURLの登録項目を記入する項目が追加されます
      表\示する | 表\示しない

  9. 新規登録時の追加希望カテゴリ項目
    表\示するにされているときは、訪問者の新規登録欄に追加希望カテゴリ項目を記入する項目が追加されます
      表\示する | 表\示しない

  10. 新規登録時の管理人へのコメント項目
    表\示するにされているときは、訪問者の新規登録欄に管理人へのコメント項目が追加されます
      表\示する | 表\示しない

  11. 新規登録時の相互リンク連絡項目
    表\示するにされているときは、訪問者の新規登録欄に「相互リンク」の有無を記入する項目が追加されます
      表\示する | 表\示しない

  12. 登録者のメッセージの最大保存数(半角英数字で指定)
    1以上に設定されているときは、「管理室」→「登録者のメッセージを見る」で
      保存されたメッセージを読んだり削除したりすることができます
    ※最大保存数を超えた場合には古い順に自動削除されます。
    ※最大保存数に達したときにまとめて管理人宛てにメールを送る場合には数字の後ろに m を付けてください。(例 30m )
    ※審査登録制にしている場合には保存されません
    ※この機能\を使用しない場合には 0 を記入してください




[トップに戻る]
    初期設定

    ※運用開始時に最低限設定する必要のある項目です
    ※設定を間違えるとサーバによっては正常に動作しない項目ですので必ず確認するようにしてください

  1. サーチエンジンのトップへのURL(http://から始まるアドレス)
    ※CGIでトップページを表\示させる場合には「yomi.cgi」へのURLを記入してください

  2. crypt関数(パスワード暗号化のための命令)
    ※サーバの設定で使用不可の場合を除いては「使用する」を推奨します
    ※運用途中でこの設定を変更した場合には再度FTPで「cfg.cgi」を編集し直す必要があります
      使用する | 使用できない

  3. HTMLファイル用ディレクトリのパス
    ※各種HTMLファイルを入れておくディレクトリです
    ※パーミッションは「707」又は「777」に設定
    ※HTMLファイルが閲覧可能\なディレクトリに設定してください

  4. HTMLファイルディレクトリのURL
    ※必ず修正してください
    ※HTMLファイルを入れておくディレクトリのURLです
    ※HTMLファイルが閲覧可能\なディレクトリに設定してください

  5. 画像ファイルディレクトリのURL
    ※必ず修正してください
    ※画像ファイル(new.gif/renew.gif等)を入れておくディレクトリのURLです
    ※画像ファイルが閲覧可能\なディレクトリに設定してください

  6. CGIファイルディレクトリのURL
    ※必ず修正してください
    ※CGIファイル(yomi.cgi/search.cgi/rank.cgi/admin.cgi/regist_ys.cgi)を入れておくディレクトリのURLです

  7. このサーチエンジンの名称
  8. 管理人の名前
  9. 管理人のE-Mailアドレス
  10. 管理人のホームページのURL
  11. メールの設定
    • sendmailのパス
    • 管理人にメールを送信
        する | しない
    • 登録者にメールを送信
        する | しない
    • 新規登録完了メールを送信
        する | しない
    • 登録内容変更完了メールを送信
        する | しない
    • 仮登録完了メールを送信
        する | しない
    • パスワード変更メールを送信
        する | しない
    • 異常ロック処理通知メールを送信
        する | しない
  12. ジャンプ処理
    ※まず、ランダムジャンプ をクリックしてみてページが表\示できない場合には「メタタグを使う」にしてください
      Locationを使う | メタタグを使う



# print<<""; [トップに戻る]
    メニューバー/外部検索エンジン/ヘッダ・フッタスペースの設定

    ※各テキストエリアの一行目の「print<<"EOM";」と最後の行の「EOM」は絶対に削除しないでください。
    ※「\@」と使用する場合には「\\\@」と記入してください。
    ※Perlの文法が分かる方はテキストエリア中にPerlの実行文を記入することもできます。
  1. メニューバーの設定(各画面の一番上に出てくるメニューです)


  2. 外部検索エンジンの設定(検索フォームの<select>〜</select>の内部のHTMLです)


  3. ヘッダスペースの設定(各ページのヘッダ部分のスペースです。※管理室は除く)


  4. フッタスペースの設定(各ページのフッタ部分のスペースです。※管理室は除く)




# print<<""; 1;